沿革・組織図 - 株式会社高岡製作所の歴史について

ホーム > 会社案内 > 沿革・組織図

沿革・組織図

会社沿革

1942年(昭和17年) 高岡市内免に海軍の軍需工場として設立
1949年(昭和24年) 資本金200万円として銑鉄鋳物製造に転換し、
高岡市水道局、ほか、富山石川両県下市町村
の水道器具の指定工場となる
1973年(昭和48年) 低周波誘導及びF1・PCラインを導入
1974年(昭和49年) 資本金500万円とする
1977年(昭和52年) 球状黒鉛鋳鉄製造及び産業部品生産を開始
1979年(昭和54年) 資本金1000万円とする
1981年(昭和56年) BSM自動造型機及び自動ラインを導入
1982年(昭和57年) 資本金2000万円とする
1983年(昭和58年) フラン自硬性ラインを導入
BSM自動ラインを増設し100t/月体制となる
1986年(昭和61年) 高周波誘導炉導入 600kw/0.5t炉
1987年(昭和62年) AMFⅡ型自動造型機及び自動造型ラインを新設
1989年(平成元年) 高周波誘導炉増設により150t/月体制となる
1990年(平成2年) クーリングドラムの導入により省力化を図る
1993年(平成5年) 高岡市四日市に最新設備を導入し鋳造工場を新設
1996年(平成8年) 自動バリ取りロボット導入
2001年(平成13年) PAP自動注湯機導入
2006年(平成18年) AMFⅢ型自動造型機新規更新及び自動造型ラインを増設
2007年(平成19年) 砂処理ライン増設
2008年(平成20年) 高周波誘導炉設備増設
2t炉×2基へ増設 450t/月体制となる
2012年(平成24年) 環境管理規格エコステージ1認証
塗装ブース新設
2013年(平成25年) アーム型3次元測定機導入
鋳造CAEシステムJSCAST導入
ポータブル超音波探傷器USM-Go導入
2014年(平成26年) ISO9001認証
2015年(平成27年) PCF自動注湯機新規更新
CBコントローラー導入
2016年(平成28年) 第2工場新設
機械加工事業部立ち上げ
2017年(平成29年) ISO14001認証

組織図